ブログトップ

結城琴乃 yuuki kotono

kotono1218.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【布博at京都】に向けて

b0143279_10013216.jpg


ユーカリリースに次ぎ、紫陽花リースのブローチ。
ぎゅうぎゅうみっちりなのと、すっきりの。

いつも試作の段階の時、娘達にどう?とパッと見の感想を聞いています。
私の作品を見慣れていて、その中でも特にブローチには興味がないらしいからかなり率直な意見と表情(主に目)を貰えそれがかなり参考になったりするので。

二パターン作った時は大概どちらかに好みが集中するんだけど、今回はわかれ私も決めかねたので2つ共作りました。

身に着けるとそれぞれ、
ぎゅうぎゅうは愛らしく、すっきりは大人っぽい印象になるんじゃないかと思って。

これからの色々に連れていきます。

まずは4月18.19日開催【布博at京都】にて。







[PR]
by kotono1218 | 2015-03-29 09:12 | Comments(0)

春いろ

b0143279_08000638.jpg


神奈川「手音」さんにて、企画展【春いろ】に参加させて頂いています。31日まで。
私からは針金のaccessoryを。
花や葉、虫の春。
アネモネ、蝶のピアス、葉のブローチなどなど。

器、手仕事、窓際のカフェ、素敵な店主で出来た手音さん。ピュンと飛んで行けたらな。









[PR]
by kotono1218 | 2015-03-29 07:51 | Comments(0)

山登り

b0143279_657359.jpg




友達に誘ってもらい往復三時間の山登りに行って来ました。
この季節だからか、冬と春の景色が進む度に変わり、空気はピンとして、足を止めると鳥の声もなく静かで終始美しく、行く前は緊張したけど行って良かった。
登り口で枝を整えた杖を自由に貸してくれ、経験者の友達が何しろ杖が役立つからと言うので、体力に自信のない私は二本借り松葉杖のように使って進んだんだけど、歩き始め3分で杖がなかったら全然無理じゃないかと気付いたほど杖は役立ちました。

山頂でお話しした別のグループのかたによると花の季節、紅葉などまた違う感動があるとの事。
見てみたい。何度も行かなければ。
[PR]
by kotono1218 | 2015-03-26 06:56 | Comments(0)

あと3日間

b0143279_17125247.jpg


山口県岩国市ヒマールにて開催の【幻影】
あと3日間となりました。
連日多くの方にあの空間を訪れて頂いていると聞きました。嬉しいです。
幻影特別席はどんな方が座ったでしょう。
毎日訪れて下さった彼女は何を感じて頂けたでしょう、
などなど思いを馳せながら。
15日までです。
宜しくお願いします。
[PR]
by kotono1218 | 2015-03-12 17:11 | Comments(0)

当たり前。

b0143279_10045485.jpg


⚠長文です。極個人的な意見と話です。

 昨日の事、
キッキのクラスで、ある一人の子に触られたらばい菌が移ると騒ぐ件について話し合いがあったらしい。
その子は欠席で。
 先生の「一度でもした人は立ちなさい」の指示に座ったままだったのは三人。キッキとキッキのクラス唯一の仲良しの子ともう一人。
 週末、キッキからクラスでそういう事が最近ヒドくて辛いと聞いたので、先生に報告しようと思ったまま確定申告に追われ週明けしてしまったので、他のお二人のどちらかが報告されたのかなと思う。
 
 家族で、しないなんて当たり前の事なのに、三人以外ってヒドイね、仲良しの子も同じで良かったね等など話し合う。
 

 私は、娘三人共に対し同様の事があってもあの子達はしないという自信がある。
 小さい時からあの子達を見てる様子で。
「思いやりのある人に」
 夫も私もそこだけはとても力をいれ育てたし。

 どんなに頭が良かろうと、何かに秀でていようと、容姿が良かろうと、思いやりがない人には大人でも子供でもそんな事がどうしたと思う。

 私はイロイロちゃんと出来てない事ばかりで、子供達もダメなとこ満載に育ててしまったけど、今回キッキがその三人に入っていた事を、しないなんてホントに当たり前の事なんだけど、唯一大事にして欲しいことが子供に伝わっていてそんな風に育っていて嬉しかった。
 話しを聞いている途中も、キッキはしてる側じゃないと疑いもなく聞いていた自分に対しても嬉しかった。


昔、中学生の時、不登校だったクラスメイトが長い時間をかけ登校できるようになった経験を文化祭かなんかで父兄と全校生徒の前で発表する場があり、
その子が「勇気を出して久しぶりに登校すると席がわからなくて廊下に立っていたら、空気みたいに皆が無視するのに、一人だけ「おはよう、席はこっちね」と声を掛けてくれた子がいて、その子だけが毎日おはようと言ってくれたから続けて登校できた」という話しで、名前は出なかったけどその一人だけの子はどう考えても私だった。担任の先生からも「あの子の事ありがとうな」と言われたし。
 あの時もホントに当たり前のことなのに、私だけだったのがとてもショックだったのと、その子にそんな風に受け取ってもらっていたのが気恥ずかしかったのが強烈な記憶、何より帰宅すると母に「あの話、挨拶してたのは琴乃やろうなとすぐ分かった、誇らしかった」と言われた事が、母にそう思われた事が思春期真っ只中の自分には表彰状を貰ったようで嬉しかった、中学生活筆頭の思い出。
数年前、あれ嬉しかったと話したら母はすっかり!忘れていたけれど!(笑)


キッキにも、あの時の母と同じように思った。
キッキも昨日、あの時の私と同じように思ったのかも。
そして母もあの日、体育館で今の私と同じように思ったのかも。
忘れちゃってるけど!

忘れちゃう事もあるかもしれないので、ここに覚え書き。





 


 
 
[PR]
by kotono1218 | 2015-03-10 08:59 | Comments(0)

【幻影】山口県岩国市himaarにて静かな雨の中始まりました。



b0143279_20150247.jpg

b0143279_20150262.jpg


b0143279_20150311.jpg

b0143279_20150378.jpg


b0143279_20150358.jpg


春を落としたような、光の射す場所は野原のような空間になりました。

長い二人テーブルに座り、
木太さんの「wonb」が流れる中、himaarさんの珈琲を飲みながら眺めていたたけたらと。

3月15日まで。
光の時、雨の時、薄暗い時、
全部見て欲しいです。














[PR]
by kotono1218 | 2015-03-02 19:48 | Comments(0)